知ることは自己責任

2014.05.11

知ることは自己責任 はコメントを受け付けていません。

今日は母の日。
スーパーでも、レジの女性達が胸にカーネーションをつけ、お客様を迎えています。

 

そんな中、こんな調査結果が出ていました。
「お母さんにやさしい国」のランキング。

 

これは子どもの人権保護に取り組む国際的なNGO「セーブ・ザ・チルドレン」が
毎年母の日に合わせて発表しています。

 

一位はフィンランド、二位はノルウェー、三位はスウェーデン。
すべて北欧の国々。

 

で、日本は…。
178ヵ国の内、32位。

ちなみに30位韓国、31位アメリカ。

 

これについて「セーブ・ザ・チルドレン」は
「日本は保護や教育、経済の分野ではトップレベルだが、政治の分野では国会に女性議員が少なく
女性の声が政策に反映されにくい」と指摘しています。

 

思うに、近年、国会での女性の存在が、本当に薄くなっているのを感じます。
かつて、土井たか子さんの時代「山が動いた」と言う名フレーズで、
圧倒的な女性議員が選挙に勝ちました。

 

私も、日本が大きく変わると言う震動を実感したひとりです。
勿論、国際的な女性パワーのうねりのなか、当然のウェーブだったのでしょうが。

 

どの政党がリーダーとなるかは、この際置いておいて、
しかしその論議を譲っても、日本が大きく後退していることは、
この調査を見ても明らかなのかも知れません。

 

そこに生きる女性の姿、在り方が、その社会のバロメーターであると思います。
その証拠に、ランキングの最下位は、東アフリカのソムリアだったほか、
下位10か国はすべてアフリカの国々。

 

ともすれば、日々の暮らしのなかで忙殺され、政治等考えるいとまのない女性達の現実。

しかし、政治に無関心でいることが、結果的にはそのしっぺ返しを食らうことを、
私達は肝に命じておかなければなりません。

 

知ることは、自己責任であると言うことを。

 

関連記事

コメントは利用できません。