自分のブランドは守り抜け

2014.03.31

自分のブランドは守り抜け はコメントを受け付けていません。

ブランドについて、含蓄のある文章を読んでいます。
『小沢選挙に学ぶ 人を動かす力』のなかの一節。

 

「どんなに忙しくても、自分のブランドは守り抜け。
ビジネスマンも自分のブランド管理が必要」

 

その中で、かつて石原慎太郎300万票で参院選挙で当選させた、
選挙の名参謀と言われた飯島清氏の言葉を紹介しています。

 

冷静に自分を見つめる指針。
選挙のあの熱狂ムードのなかにあっても、
参謀は常に冷静な目を持ち続ける事が必要です。
その冷静さを保つ為の「命綱をつけるといい」

 

その綱とは
1、仕事が終わったらひとりになること。
2、家庭に仕事を持ち込まないこと
3、次の別プランを考えておくこと

 

ブランドと言うのは、他人から見てのもの。
決して自己満足のものではありません。

 

他人の評価と自分自身の評価が
ずれないようにいることが冷静でいることです。
あらためて、納得です。

 

関連記事

コメントは利用できません。