「やれる!」と思えたのは

2014.03.15

「やれる!」と思えたのは はコメントを受け付けていません。

「・・・ヤレル!」と思えたのは自信が持てたからだが、
その自信は勝ったことで生まれたのだということだ。
つまり、勝たなければダメなのである。

 

初戦で敗れても挽回するのは、伝統と地力のあるチームにのみ許されることで、
それ以外のほとんどのチームにとっては、最初に当たる敵に勝つことは最重要事になる。

 

これは2010年サッカーワールドカップ、グループステージに重ねてのコメントです。
若者へ対しての、塩野七生氏のメーッセージの内容。

 

そう、まったくそう。
選挙でもそうですが、
勝ちに行く候補者と、立候補することに大義をつくる候補者とでは、その迫力が違います。
だから、周囲を巻き込んで行く勢いも当然違う。

 

いい闘いだった、何てことは通用しないのです。
勝たなければ、ゼロなのですから。
確実に一勝を挙げていく。

それが次のステップの自信になるんですね。
何て素敵なメーッセージ!

 

関連記事

コメントは利用できません。