それでも明日は来る

2014.03.11

それでも明日は来る はコメントを受け付けていません。

今日11日は、東日本大震災の3年目。

震災発生から3日目に、私は鳥取から戻り、羽田に着きました。
静かで薄暗いロビー、いつもは人の会話で喧騒のそこが、
人々の動きまでも、スローモーションのようでした。
事の重大さがひしひしと伝わってきたのを、今も思い出します。

 

あれから3年の月日が流れました。
しかし、際限のない東北の現状に、時として心折れてしまいそうになるであろう
現地の方たちを思うとき、決して饒舌にはなれません。

 

そんな中で、子供たちの笑顔は、未来を感じさせてくれます。
原発の問題、果てることのない人間が作り出してしまった負の遺産。
それでも子供たちに明日は来るのですから。

関連記事

コメントは利用できません。