曖昧な表現

2014.01.22

曖昧な表現 はコメントを受け付けていません。

20140122

人はよく曖昧な返答をします。

 

保険などのように、期限内の処理はシビアに対応しないと、とんでもない結果を招きます。
先日、保険の問い合わせをした時の事です。
知人から、1日違いのために全く効力を無くしてしまった例を聞いた事がありましたから、
私は担当者に、いつが期限かを確認したわけです。

 

それに対してこう答えました。
「出来るだけ早くに」
私は再度聞きました。
「出来るだけ早くにとは、いつまでですか?」
彼はまた繰り返します。
「ですから、出来るだけ早くに。」

チョッとしつこいとは思いましたが、
「何月何日がタイムリミットですか?」
電話の向こうで慌てて、
「直ぐに調べてかけ直します。」
かけ直す電話番号の確認しません。
彼は保険担当です。

 

もしも、私が期限切れで手続きができなかったら、それは私の自己責任になります。
だから、わざわざ連絡をして確認をとったのですが。
私はこのやり取りから、仕事上の彼に対する評価をすでに下げている事を感じていました。
彼は、人間的には良い人だと思います。

 

しかし、責任あるポジションの彼に、これでは仕事は務まりません。
しかも部下をリードしなければならない立場から言ってもNGです。
この状況を見た部下は、どのように思ったでしょうか?
何も思わなかったら、チョッと問題です。

 

でも、よくやるんですよね。
「出来るだけ早くに…。」

 

私達日本人は、どうも曖昧なニュアンスが好きな資質を持っているようです。
時にはそれも必要ですが、こと仕事では全く通用しません。
むしろ、事故やトラブルの原因になります。
キッパリと宣言するには、それなりの覚悟が伴います。
曖昧な表現は、その人の自信のなさを表明してしまう事を肝に銘じて下さい。

関連記事

コメントは利用できません。