たかが話し方、されど話し方

2014.01.21

たかが話し方、されど話し方 はコメントを受け付けていません。

20140121

よく商材PRの電話がかかって来ます。

先程は、健康食品メーカーから営業の電話がありました。
アンチエイジングに効果のある商材のPR。

 

電話だけのやり取りなので、その女性の顔は分かりません。
その人の声、話し方の雰囲気だけが頼りです。

 

営業の電話は、どこも押し並べて、
自社製品の優れた所を一生懸命に話されます。

言い換えれば、聞いてもらえるだけでラッキーなんですよね。

 

でも、営業の方って大いなる勘違いをしているのが大半。
自社製品の良さが伝わっている、と思い込んでしまうのです。

 

実は、こちらは相手の事を色々イメージしているのです。
声、話し方を頼りに。
今日の女性は、柔らかな滑舌の良い声です。

 

以前の女性は、所謂ダミ声でした。
その人の声から
「もしかしたらヘビースモーカー?」「もしかしたら肌のざらついた人?」
などと思い込んでしまうのです。

 

扱っている商材も、その電話を通して伝えられるわけですね。
きっと本当は、仕事熱心な方だったかも知れません。

 

とにかく、立て板に水のように説明をしてくれました。
しかし、どう考えても彼女の健康的で健やかな印象は伝わっては来ませんでした。

 

声だけで判断されるなんて、チョッと理不尽な気もしますが、これが現実なのです。
たかが話し方、されど話し方。
声を含めた印象が相手にどう映るのか、つくづく考えさせられます。

 

関連記事

コメントは利用できません。